スキップしてメイン コンテンツに移動

スタイル設定用タグのサポート

本文など、全部プレーンなテキストだけだとのっぺりして読みにくくなってしまうので、いくつか独自のタグを用意しました。通常のHTMLタグはそのまますべてエスケープされテキストとして表示されますが、以下の独自定義タグを使うことで、簡単なスタイルを設定することが可能です。

※サポートする独自定義タグ
(左側のように書くと、→の右側のように変換されます)

<<<[ テキスト ]>>> → <div style="font-size:larger; font-weight:bold;">テキスト</div>
<<B[ テキスト ]B>> → <span style="font-weight:bold;">テキスト</span>
<<r[ テキスト ]r>> → <span style="color:red;">テキスト</span>
<<b[ テキスト ]b>> → <span style="color:blue;">テキスト</span>
<<pre[ テキスト ]pre>> → <pre>テキスト</pre>

このブログの人気の投稿

ログインボタンの設置

各ページに、Google Friendのログインボタンを設置しました。とりあえず、どのページからでも、いちいちホームに移動せずにログインできるようにしました。ボタンの種類や設置場所などは、もう少しいろいろ変わるかも知れません。

Webデザインが変わりました

libroのサイトのデザインを大幅に変更しました。

以前から、「PCサイトとモバイルサイトを別々のページに」という形をなんとかせねば、と思っていたのですが、ようやくBootstrapベースでレスポンシブデザインのスタイルに変更しました。これで、同じページでPCからモバイルまで表示できるようになったと思います。

とりあえず、しばらくはこれで行こうと思います。なお、細かな調整は随時行なっていきます。

サイトの運用調整中

現在、libroサイトのサーバー運用設定を調整中です。

11月より、利用しているGoogle App Engineの料金体系が変更となり、これにあわせて運用の仕方を調整しているところです。新料金体系では、libroサイトはサーバーで起動されるインスタンス時間とデータベースアクセスAPIの利用回数の面で利用料金が増えてしまいそうです。

そこで、MemCacheによるキャッシュデータの生存時間とサーバーインスタンス起動までの遅延時間を細かに調整し、利用に支障ないレベルでリソース使用をどこまでしぼれるか調べているところです。

この関係で、しばらくはアクセス時のページ表示にかかる時間がときどき遅くなったりすることがあるかも知れません。ある程度目処がたてばこうしたことはなくなると思いますのでしばらくご協力くださいませ。