スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

Google Friends Connectの初期化問題

現在、Google Friends Connectの導入を進めていますが、このCGCはサイトのドメイン単位で管理しているため、ドメインが変更されると登録がクリアされてしまいます。データの移行なども調べたのですが行えないようです。
大変申し訳ないのですが、改めてご登録下さいますようお願いします。

……と思ったら。 なんとか移行ができました! データは引き継いでいます。お騒がせしました。

ダウンロードツールへの対応について

GetHTMLWやWebsite Explorerなど、サイトのデータを丸ごとダウンロードし、ローカル環境でブラウズできるツール(ダウンロードツール)というものがあります。libroでは、こうしたダウンロードツールの利用を禁止し、そのためのシステム改修を行いました。


※なぜ、ダウンロードツールが問題なのか?

利用される方の中には、「なぜ、ダウンロードツールがいけないんだ? ローカルにダウンロードできれば、ネットに繋がってなくても見られて便利じゃないか」と思う方もいるかも知れません。が、Webサイトを運営する側からすれば、そうもいかないのです。

libroは、Googleの提供する「Google App Engine」というサービスを利用しています。これはGoogleのさまざまなサービスを利用したWebサイトを開発できるもので、サイトごとにCPU時間、入出力のデータ量、その他各種機能の使用量が割り当てられ、その範囲内で利用できるようになっています。

ダウンロードツールは、細かい設定などをしていないと、サイトのデータを丸ごとダウンロードしようとします。現在、libroには千ページを越えるページがあり、数百点の図版がアップロードされています。これらすべてをダウンロードすると、libroサイトに割り当てられているCPU時間・出力データ量のほぼ3分の1が消費されてしまいます。割り当てられているリソース量を消費し尽くすと、その時点でサイトはアクセス不能となります。

このリソース割り当ては、1日ごとに計算されます。つまり、あるリソース割り当てが消費し尽くされると、翌日まで一切アクセスができなくなることになります。仮に、1日のうちに2~3人がダウンロードツールを利用すれば、その時点でサイトはアクセス不能に陥ります。またある程度のアクセスが既にあるところでこの種のツールを使われたら、やはりその時点でアクセス不能になるでしょう。

もちろん、回避する方法がないわけではありません。Googleに料金を払い、割り当てリソースを増やしてもらうことである程度の回避は可能です。ですが……、考えてみてください。なぜ、ダウンロードツールを利用する人のために、サイト運営者が費用を負担しなければならないのでしょう?

libroは、より多くの人が利用できることを第一に考えます。多くの人が利用したためにサイトの割り当てリ…

またGFC停止

また朝からGoogle Friend Connectのサービスが停止しています。Googleの提供するサービスで、ここまで頻繁にサービスが止まるものは他にないだろうな……。この1ヶ月に3~4回、平均して1~2日は停止している。ひどすぎるなこれは。

6.11 復旧しました。

Google Plus Oneボタン設置

今日、起きて何の気なしにサイトをチェックしていたら、昨日か一昨日、設置はしたものの画面に表示されず、そのままぶんなげてあった「+ 1」ボタンが表示されていることに気がついた。なんだったんだろうか。ひょっとして日本での対応に時差があったとか?
というわけで、ひと通りのページに「+ 1」ボタンを設置してみました。皆様、ご活用下さい。

合言葉: 打倒、「いいね」ボタン!